ネズミ駆除の方法とは?

ネズミ駆除の方法を決めるには、まずはネズミの種類の特定から

ネズミ駆除には様々な方法がありますが、どんなネズミに対してどこまで対処するかによって取るべき対策が異なります。現在の被害状況から、過剰な対策とならないようにしっかり駆除方法を見極める事で費用軽減や、周囲の環境への配慮に繋がりますので、しっかりと駆除方法を検討してからはじめてもらいたいと思います。

ネズミ駆除の業者のロゴのイメージ

1.どんなネズミに対して駆除を行うのか。

ネズミにも種類があります。主に日本で被害が考えられるのは以下の3つに絞られると言えます。

ハツカネズミ

かなり小型で、人家や農地に現れます。可愛らしい見た目ですが、小さな身体でどこにでも入っていくので嫌がられますが、被害そのものはそれほど大きくはないと言えます。

クマネズミ

その名に「クマ」と付く通り、人家に現れるネズミの中では大きいものになります。天井裏などを好んで生活します。跳躍力があるので音のうるささを被害として挙げる方も多いです。

また、歯が鋭いので壁材に穴を開けたり、配線コードなどを食いちぎったりもします。

ドブネズミ

大きいものだと体長30cmにもなります。床下や下水溝などを好んで生息するので病原菌の媒介などの恐ろしい被害も考えられます。

参酌>>ネズミ 駆除 簡単 http://andgoodis.com/

2.ネズミの特性を掴んだ駆除方法

駆除の方法には主に下記のようなものが考えられます。

  • エサに殺鼠剤を混ぜる、薬剤による駆除
  • かご罠や粘着シートで捕獲し、駆除する
  • 超音波で駆除する
  • 侵入経路をふさぎ駆除する
  • 業者に依頼する

薬剤や粘着シート、罠による捕獲、超音波による駆除を試みる場合は、どのタイプのネズミかをしっかり見極める必要があります。

何故なら仕掛ける場所によって、全く無意味になってしまうからです。ドブネズミによる被害なのに、とりあえず天井裏に罠や超音波発生器を仕掛けても効果は得られないと言えます。

侵入経路をふさいでしまう事も効果的ですが、クマネズミなどはその鋭い歯でまた別の場所に穴を開け、侵入する可能性もあります。

このように、ネズミの特性によって駆除方法を変え、的確に対応する事が駆除の上で最も重要と言えるでしょう。自分でどのネズミによる被害かを見極めるのが難しい場合は、思い切って業者に依頼するというのも有効です。

百戦錬磨のネズミ駆除業者なら、被害状況からネズミの種の特定、的確な駆除方法の実施までを行ってくれるでしょう。ネズミの種類が分からないまま闇雲に対策を講じても、コストがかかるばかりで効果が全く得られないという事態にもなりかねません。

ネズミ駆除の方法を決めるには、まずは被害をもたらしているネズミの種類の特定から。判断できない時は思い切って業者に相談するのが得策と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加